エアコンクリーニングに使う道具と洗浄方法

このページではエコ洗剤によるエアコンクリーニングに使用する機材や道具、洗浄方法などを紹介しております。長くなりますがご興味が御座いましたら是非ご覧ください。

使用する道具がとても重要です。

最近はエコ洗剤を使った業者も増えてきましたが、各エアコンにあった洗浄方法や道具を使わないと仕上がりに差が出てきます。
それは何故か?実は使用する道具がとても重要なのです。

家庭用エアコンは現在様々な種類のものが出回っており、最近ではフィルターを自動で掃除してくれるエアコンやイオンを発生させてカビを抑制するエアコンなども御座います。
同メーカーでも内部構造が違うものがあり、ある程度の知識と経験が必要になります。

ではどんな道具を使っている業者を選べば良いのでしょうか?

エコ洗剤を使用するに当たって大事なことが御座います。一つは高圧洗浄機(動力噴霧器とも言います)の使用が絶対条件です。 手動式や電池式の園芸用の噴霧器やハンドスプレーでは内部の汚れまで落とせません。

逆に量販店に出回っている車や外壁などを洗う高圧洗浄機(水圧7MPa等)は、水圧が強すぎてエアコン本体の熱交換器のアルミフィンを曲げてしまいます。

即効性のある成分の強い業務用洗剤に比べて、エコ洗剤は汚れを落とす力は弱まります。その為、洗浄水の勢い(水圧)を使ってそれを補います。一部種類ですが写真の様な水圧3.5MPaのものが理想です。

コーシン高圧洗浄機
キョウワ高圧洗浄機

洗浄ノズルも大事ですよ!

昔と違い現在のエアコンの大半は、洗浄箇所の熱交換器が、山の形状になっており、正面から見えない裏側まで覆うようになっています。そこで、家庭用エアコンを洗浄する上で、もう一つ大事なのが洗浄液を噴出するノズルになります。

分解したエアコン

エアコンの熱交換器が見えるように外装パネルを外しています。 正面からは熱交換器が前にしか無い様に見えますね。

斜め上から見た熱交換器

少し斜め上から見ると熱交換器が山の形になっているのが分かります。 熱交換器は正面だけではなく後ろ側にも回り込んでいます。

横から見た熱交換器

もっと横から見てみましょう。 上部から多くの空気を取り込む為この形状になってます。

洗い残しがある部分

赤丸の部分が洗い残しが見られる部分です。 真っ直ぐな洗浄ノズルでは、この部分が洗えませんね。

エアコンの洗浄ノズル

一般的な洗浄ノズルです。上のノズルは少しくらいの角度は付きますが、 後ろ側の熱交換器を洗浄するには厳しいですね。

自作したエアコン洗浄ノズル

この洗浄ノズルは当店が自作したものです。これ位の角度がついているものを使えば問題ないでしょう。ノズルの向きも360度回転します。

メーカーが販売しているエアコンクリーニング導入キットには、真っ直ぐの洗浄ノズルが付いているものが多く残念ながらそのままご使用されているケースがあり、後ろ側を洗い残してしまうのです。
片手間にエアコンクリーニングを行っている業者には、後ろ側に熱交換器が回り込んでいるのを知らない方もおられます。

もう一つだけ注意点を・・・

洗浄液が当たらない部分右の画像はエアコン本体から送風ファンを分解したものです。 送風ファンを組み込んだ状態では、赤い部分が隠れた状態になります。

送風ファンを取り外さないでエアコンクリーニングする場合、ファンが邪魔して赤い部分まで洗浄液の水圧が届きません。
ブラシ等で物理的に擦らないと赤い部分の汚れは取れないので、それをしっかり行っているかどうかで仕上がりが違ってきます。
非常に狭い箇所なので、当店ではブラシを自作して奥の汚れまで除去出来るように作業しています。

お問い合わせ・ご依頼はこちら!

0774-27-6012 (受付時間 9:00~19:00)

ご依頼前にご利用案内注意事項をご覧ください

6月~7月、11~12月は大変混み合います。ご希望日程は余裕をもってご依頼下さい。
電話番号を複数回タップすると、「このWebサイトから自動的に電話をかけることは禁止されています。」という表記がでますが、問題ございません(Safariのアプリ側の問題です)。