お手入れ不要?フィルター自動お掃除エアコンの汚れの現状

フィルター自動お掃除エアコン

お手入れ不要と思われがちなフィルター自動お掃除エアコン。発売された当初は10年間お手入れ不要とかCMで流れてましたね。
でも決してお手入れ不要では御座いませんよ。フィルター自動お掃除エアコンも普通のエアコンと同じように汚れてきます。
フィルター自動お掃除エアコンは、エアコン使用後にお掃除ロボットがフィルターのホコリを自動で吸い取って、ダストボックスに溜めたり、ダストホースから屋外へ排気します。しかし数年使用すると、ダストボックスに溜まったホコリが溢れ出したり、ダストホースに残っているホコリが蓄積して目詰まりし、ホコリを正しく屋外に排気出来なくなっているのを良く見かけます。
お手入れ不要と思い、フィルターの掃除を怠ると、フィルター以外の箇所(隙間)から埃はエアコン内部に取り込まれ、熱交換器や送風ファンに付着します。その他、カビやタバコのヤニ、キッチンの近くに設置の場合は、お料理時の煙や油を吸い込み、普通のエアコンと同様にフィルター自動お掃除エアコンも汚れが付いてしまいます。イオンを発生させてカビを抑える機能が付いたエアコンでも完全にカビを防ぐことが出来ません。
一度、送風口やフィルター周りを覗いて汚れをチェックして見られるといいでしょう。決してお手入れ不要では御座いませんので、取扱説明書をよくお読みになってご使用下さいね。

実際に数年使用した例

下の写真はパナソニック製とシャープ製のフィルター自動お掃除エアコンです。持ち主の方は販売店の言葉を信じられてお手入れが一切不要と認識されていたそうで、ご自身ではお手入れをしていないそうです。説明書には定期的な手入れが必要と書いてありますが、何処のメーカーのCMを見てもお手入れ不要と勘違いしそうな宣伝が多いですね。

エアコン本体
パナソニック製のフィルター自動お掃除エアコンです。 前パネルを開けフィルターを取り外したところです。
熱交換器
拡大してみると熱交換器が見えないくらい ホコリが目詰まりしています。
熱交換器、横からの画像
送風口の写真です。風の吹き出し口にカビ汚れ、 奥に見える送風ファンにはホコリがビッシリ付いています。約2年使用されたそうです。
洗い残しがある箇所
拡大写真です。送風ファンが酷い状態です。 フィルターのホコリを自動で掃除してもこれでは意味が無いような気がしますね。メーカーさんの今後に期待します。
洗浄ノズル
こちらはシャープ製のフィルター自動お掃除エアコンです。こちらは約5年使用されたそうです。
自作の洗浄ノズル
フィルター自動お掃除の機械上部に大量のホコリが・・・。 排気出来ずにホコリが溢れ出しています。
洗浄ノズル
こちらも熱交換器にホコリが目詰まりしています。フィルターを自動でお掃除できても本体がこれでは意味がありませんね。
自作の洗浄ノズル
送風口の写真です。吹き出し口、送風ファンにホコリが ビッシリ付いています。

フィルター自動お掃除エアコンは、ご依頼前に設置状況をご確認ください。

フィルター自動お掃除エアコンをお部屋の角に設置されている場合、分解クリーニングをするにあたり、横の壁との隙間が最低でも5cm以上必要になります(同じく天井との隙間も5cm以上必要です)。 フィルター自動お掃除エアコンは構造が複雑で、両脇にある電装部品や配線等を分解するのにスペースが必要になります。 横壁(天井も)との隙間が無いと分解クリーニングが出来ない場合が御座いますので、ご依頼前にご確認をお願いいたします。

エアコン本体
横の壁との隙間が5cm以上必要になります。 (同じく天井との隙間も5cm以上必要です)。
熱交換器
横壁(天井も)との隙間が無いと分解クリーニングが出来ない場合が御座いますので、ご依頼前にご確認お願いいたします。
サブコンテンツ

フィルター自動お掃除エアコンの施工写真色々・・・

実際に当店で行ったフィルター自動お掃除エアコンの施工写真をご用意しております。ご興味のある方は、こちらをご覧下さい。 お掃除作業写真集top

このページの先頭へ