お掃除作業写真集9

お手入れ不要と思われがちなフィルター自動お掃除エアコンの実際に数年使用した場合の現状を知っていただく為に分かりやすく説明しております。フィルター自動お掃除エアコンも普通のエアコンと同じように汚れてきます。このページのフィルター自動お掃除エアコンは、三菱電機『霧ヶ峰』です。三菱は、三菱電機(霧ヶ峰シリーズ)と三菱重工(ビーバーシリーズ)が御座いますが、それぞれ別メーカーになります。お手入れ不要と販売されているフィルター自動お掃除エアコンでも普通のエアコンと同様にカビを防ぐことが出来ません。一度、送風口を覗いて汚れをチェックされるといいでしょう。汚れを放っておくと普通のエアコンよりも酷い状態になり、洗浄出来ない電装部品等にもカビやホコリが付着します。決してお手入れ不要では御座いませんので、このページと取扱説明書をよくお読みになってご使用下さい。

三菱電機フィルター自動お掃除エアコン『霧ヶ峰』作業写真

三菱電機フィルター自動お掃除エアコン霧ヶ峰三菱電機フィルター自動お掃除エアコン霧ヶ峰シリーズ。 三菱電機のエアコンは、分解しやすい設計になってます。 エアコンの外装のパネル類を取り外した状態エアコンの外装のパネル類を取り外した状態です。フィルター自動お掃除のユニットが出てきました。
フィルター自動お掃除ユニットフィルター自動お掃除のユニットを取り外しました。 分解し、洗浄したエアコンの部品類分解し、洗浄したエアコンの部品類です。 (うっかり洗浄前の画像を撮り忘れてしまいました)
部品を取り付けました。フィルター自動お掃除のユニット、外装カバー、フィルター、ダストボックス、その他部品を取り付けました。 エアコンの動作確認をして完了です。前面パネル、ルーバーを取り付けて、エアコンの動作確認をして完了です。

三菱電機フィルター自動お掃除エアコン『霧ヶ峰』作業写真その2

三菱フィルター自動お掃除エアコン霧ヶ峰こちらも三菱フィルター自動お掃除エアコン霧ヶ峰です。 上の画像とは違うモデルになります。 こちらのエアコンは、2012年モデルこちらの三菱電機のエアコンは、2012年モデルになります。 同じメーカーでも年式により部品構成が異なってきます。
エアコンの外装のパネル類を取り外した状態エアコンの外装のパネル類を取り外した状態です。 上画像のモデルと比べてみると明らかに構造が違いますね。(清掃前の画像を撮り忘れたため清掃後の画像になります) フィルター自動お掃除のユニット。フィルター自動お掃除のユニットを取り外しました。フィルター自動お掃除のユニットも構造が違いますね。(清掃前の画像を撮り忘れたため清掃後の画像になります)
エアコン本体。エアコン本体です。三菱電機のエアコンは、ドレンパンが、 取り外せるので取り外します(下半分の白い横長の部分です)。(清掃前の画像を撮り忘れたため清掃後の画像になります) ドレンパンを取り外しました。エアコン本体からドレンパンを取り外しました。ドレンパンは風が出てくる送風口と一体になっています。 (清掃前の画像を撮り忘れたため清掃後の画像になります)
ドレンパンエアコン本体からドレンパンを取り外しました。ここに結露の水が溜まりホースを伝って外に流れます。 (清掃前の画像を撮り忘れたため清掃後の画像になります) 取り外した部品類。取り外した部品類です。パネルやルーバー、ダストボックス等、 写っていませんが、他にフィルターも御座います。(清掃前の画像を撮り忘れたため清掃後の画像になります)
取り外した部品類こちらも取り外した部品類になります。 (清掃前の画像を撮り忘れたため清掃後の画像になります) エアコン本体にドレンパンを取りつけます。エアコンクリーニング後、エアコン本体にドレンパンを取りつけます。
フィルター自動お掃除ユニット等を取付けます。フィルター自動お掃除ユニット、電装品等を取付けます。 外装カバーその他部品を取り付けました。エアコン本体に外装カバーその他部品を取り付けました。
エアコンフィルター、ダストボックスを取り付け。エアコンフィルター、ダストボックスを取り付けました。 部品を付け、エアコンの動作確認をして完了です。残りの部品を付け、エアコンの動作確認をして完了です。

エアコンのお掃除作業写真集まだまだ御座います。是非ご覧ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ