お掃除作業写真集8

お手入れ不要と思われがちなフィルター自動お掃除エアコンの実際に数年使用した場合の現状を知っていただく為に分かりやすく説明しております。フィルター自動お掃除エアコンも普通のエアコンと同じように汚れてきます。このページのフィルター自動お掃除エアコンは、富士通の2014モデル『ノクリア』です。富士通は最初にフィルター自動お掃除エアコンを販売したメーカーです。お手入れ不要と販売されているフィルター自動お掃除エアコンでも普通のエアコンと同様にカビを防ぐことが出来ません。一度、送風口を覗いて汚れをチェックされるといいでしょう。汚れを放っておくと普通のエアコンよりも酷い状態になり、洗浄出来ない電装部品等にもカビやホコリが付着します。決してお手入れ不要では御座いませんので、このページと取扱説明書をよくお読みになってご使用下さい。

富士通フィルター自動お掃除エアコン作業写真

富士通フィルター自動お掃除エアコン『ノクリア』写真は富士通フィルター自動お掃除エアコン『ノクリア』です。 2014年に発売されました。富士通は最初に フィルター自動お掃除エアコンを販売したメーカーです。 前面パネル、ダストボックスとフィルターを外した状態。今回は京都市中京区のK様にご協力頂き撮影しました。 2014年製のもので、丸2年のご使用です。 前面パネル、ダストボックスとフィルターを外した状態です。
配線を沢山取り外します。自動お掃除ユニットを取り外す際に配線を沢山取り外すので、 戻す時に間違えないように電装基盤の写真を撮っておきます。 フィルター自動お掃除ユニットです。フィルター自動お掃除ユニットを取り外しました。こちらも汚れているので分解して洗います。
エアコン本体。フィルター自動お掃除ユニットを取り外すと、普通のエアコンと同じ状態になります。この機種はドレンパンは外せません。 取り外した前面パネルやダストボックス、フィルター取り外した前面パネルやダストボックス、フィルターなどは、エコ洗剤にて手作業で綺麗に洗います。
エアコン本体の熱交換器掃除前エアコン本体の熱交換器です。カビで黒ずんで、ホコリの付着も見られます。 送風口の掃除前エアコン送風口の画像です。真ん中に見える筒状のものが送風ファンです。送風ファンは結構汚れていますね。
エアコンリーニング中に出る汚水。エアコン本体のクリーニング中に出る汚水です。 2~3年使えば大抵こんな感じの真っ黒いのが出てきます。 ドレンパンが外せない機種は、必ずブラシを入れます。ドレンパンが外せない機種は、必ずブラシを入れて、 高圧洗浄が当たらない箇所の汚れを取り除きます。
エアコン本体の熱交換器の洗浄後。エアコン本体の熱交換器の洗浄後です。 黒ずみも取れてホコリも無くなりました。 送風口のエアコンクリーニング後。送風口のエアコンクリーニング後です。 奥に見える送風ファンが綺麗になりましたね。
エアコンフィルター掃除中。手洗い中のエアコンフィルターです。汚れが分かりやすいように下半分だけエコ洗剤に漬け置きしました。 エアコンから取り外した部品。エアコンから取り外した部品類の洗浄後です。 今からエアコン本体に取り付けていきますね。
エアコン本体に取り外した部品を取り付けていきます。これからエアコン本体に取り外した部品を取り付けていきます。 フィルター自動お掃除ユニットを取り付け。先ずフィルター自動お掃除ユニットを元通りに取り付け、両サイドの外装パネルも取り付けました。
エアコン本体エアコン本体にダストボックス、フィルターを取り付けます。ダストボックス、フィルターは月一、お手入れしてくださいね。 エアコンの動作確認をして完了です。前面パネル、ルーバー類を取り付けて、 乾燥の後、エアコンの動作確認をして完了です。

エアコンのお掃除作業写真集まだまだ御座います。是非ご覧ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ