お掃除作業写真集4

このページでは、当店が実際に行ったエアコンクリーニングの作業写真による解説付きで、エコ洗剤によるエアコンクリーニングの手順やポイント等を分かり易く説明しております。お手入れ不要と思われがちなフィルター自動お掃除エアコンの実際に数年使用した場合の現状を知っていただく為に分かりやすく説明しております。汚れを放っておくと普通のエアコンよりも酷い状態になり、洗浄出来ない電装部品等にもカビやホコリが付着します。決してお手入れ不要では御座いませんので、このページと取扱説明書をよくお読みになってご使用下さい。内容をご覧頂きまして、もしご不明な点等御座いましたらお気軽に当店までお問い合わせ下さい。

シャープ製のフィルター自動お掃除エアコン(2010年製)です。

シャープのフィルター自動お掃除エアコン写真はシャープのフィルター自動お掃除エアコンです。約2年半のご使用です。 エアコンの外装パネルを外します。先ずエアコンの外装パネルを外します。
フィルターお掃除ユニットを分解。フィルターお掃除ユニットを分解して行きます。この箇所はホコリを外に排出する換気ファンに繋がる通路です。 開けるとホコリの塊が出てきました。 換気ファンから出口に繋がるダクトホース換気ファンから出口に繋がるダクトホースです。ホースが細くて蛇腹になっているので、ホコリが詰まりやすくなっています。
エアコン上部写真。フィルター自動お掃除エアコンを上から覗いたところです。お掃除ユニットの枠にホコリが積もっています。 熱交換器にもホコリが見えますね。 フィルターお掃除ユニットお掃除ユニットを外してエコ洗剤にて掃除しました。 勘違いして左画像と同じ個所を取り忘れましたが、 同じお掃除ユニットです。
換気ファン掃除前ホコリを外に排出する換気ファンです。 分解するとホコリの塊が溢れてきました。 換気ファン掃除後換気ファンの清掃後です。 分解清掃してきれいになりました。
フィルターお掃除ユニットフィルターお掃除ユニットです。フィルターに付いたホコリを掃除機のヘッドに付いている回転するブラシのようなもので、取りますが、目詰まりして このように溜まってしまいます。 フィルターお掃除ユニット分かりにくいですが左画像と同じものです。 通路に詰まったホコリは除去し、清掃しました。 左画像の上に写っている回転するブラシを取り忘れたので左下画像で確認下さい。
フィルターお掃除ユニット洗浄後フィルターお掃除ユニット洗浄後です。 右上にあるのが回転ブラシと通路を覆うカバーです。 分解前は、真ん中の黒い部分に覆い被さっています。 エアコンクリーニング京都のねこの手の看板ねこです。当店の看板ねこです(^^)
熱交換器にホコリがこびり付いています。フィルター自動お掃除エアコン本体です。フィルターお掃除ユニットを取り外した状態です。 熱交換器にホコリがこびり付いています。 熱交換器掃除後です。エアコンクリーニング後です。
エアコンクリーニング前エアコンクリーニング前、上画像右寄りのアップです。ホコリの付き方が結構酷い方です。 エアコンクリーニング後エアコンクリーニング後です。 携帯で撮ったのでピンボケ気味です。
エアコンクリーニング前エアコンクリーニング前、更にアップです。これだけ詰まっていると効きが悪いですね。 エアコンクリーニング後エアコンクリーニング後、ホコリも無くなりました。これでエアコンの効きも良くなります。
送風口のアップです。エアコンクリーニング前、送風口のアップです。 奥に見える黒いファンと周りがカビだらけです。 エアコンクリーニング後エアコンクリーニング後、当店では高圧洗浄が届かない箇所も特殊なブラシを使って送風口の奥まで洗浄します。
フィルター自動お掃除の機械を取り付けました。電装部品やフィルター自動お掃除の機械を取り付けました。 、動作確認をして完了です。外装パネルを取り付けて、動作確認をして完了です。

エアコンのお掃除作業写真集まだまだ御座います。是非ご覧ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ